ピラティスリフォーマーについて

ピラティスマシン ~ピラティスリフォーマー~について

今回は、当スタジオにもあるピラティスリフォーマーについて、ご紹介致します。

この写真のマシンがピラティスリフォーマーです。ピラティスの創始者であるピラティス氏が、 ベッドを改造し、ベッドのスプリングを外したりして利用し、このような形になったと言われています。

このマシン一つで想像もつかないくらい様々なエクササイズができます。また、バネに抵抗しながら動くことで、筋肉を使用しながら、筋肉をストレッチする効果もあり、とても効果的に動きの改善をすることができます。

このマシンを使うことで、OKC(Open Kinetic Chain)とCKC(Closed Kinetic Chain)の間になるSemi-CKCの運動ができ、そういった意味でリハビリにとても効果があると言われています。

OKCとは、「手足などの遠位部が地面に接していない状態で行う運動」であり、CKCとは 「手または足などの遠位部が地面に接している状態で行う運動」です。 最終的に日常生活を行うためには、OKCの動きもCKCの動きも必要になります。OKCの動きを行う場合には、手足に制限がないため動きのエラーがでやすいです。また、CKCの運動を行う場合には、 自身の体重の負荷として行わなければならず、コアの筋力低下・左右のアンバランスがあり、自分の身体をコントロールしきれず、正しく動けないまま動かなければいけない場合が多いです。

リフォーマーを使って、Semi-CKCの状態でエクササイズを行うことで、OKCやCKCのメリット・デメリットを補い合い、効果的に正しい動きを身に着けていくことができます。

日常生活の動きは、OKC,CKCの動きが入り混じって単純にどちらと分けることはできませんので、最終的にはどちらの動きもできるようになる必要があります。マシンなしで、動くということも大切であり、実際のレッスンではマシンなしでもエクササイズを行います。

リフォーマーを実際に使用して動いてみると、左右差があるとご自身で実感しやすいですし、掌・足裏の使い方も正しくないと顕著に分かります。

ピラティススタジオELIXIRでは、愛媛には珍しいピラティスリフォーマーの体験ができます。効果的に動きの改善をしたいなら、ぜひピラティスレッスンを受けにきてみてください!

【愛媛・松山のピラティスなら】お問い合わせからご予約を↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です