ピラティスエクササイズ(ショルダーブリッジ 足裏合わせ)Shoulder Bridge

ピラティスエクササイズ~ショルダーブリッジ(足裏合わせ)~のやり方

【注意点】
①足裏を互いに合わせることで、より、内もも&お尻の筋肉を使います。
②膝を開く角度は45°位です。膝を開くことでお尻の筋肉を使いますが、開きすぎず保つことで内ももの筋肉を使いましょう。
③骨盤の向き(骨盤の前面)が身体に対して、ニューラルポジションになるようにしましょう。

【愛媛・松山のピラティスなら】お問い合わせからご予約を↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です