フレックスクッション×ピラティス

~フレックスクッションを使ってピラティスを行うことで、股関節の柔軟性や体幹の筋力を効率的につけよう~

今回はこちらの写真にある三角の形をしたエクササイズツール「フレックスクッション」のご紹介です。
実は、数日前オンラインで購入し、本日スタジオに届きました!!

ピラティスには、いくつも座位のエクササイズがあります。座位のエクササイズはとても大切です。赤ちゃんの成長する過程でも座位の状態を経て、体幹や股関節の筋力を身に付けていきますが、大人になっても座位を正しく取れることはとても重要です。

理想的な座位姿勢は、左右の坐骨(お尻の下に手を引いてゴリゴリする2つの骨)に座ることができる状態です。正しく座る為には、適切な股関節の柔軟性・体幹の筋力が必要です。

フレックスクッションに座って、座位のエクササイズを行うことで、どんなに身体が硬くなってしまった方でも、短くなった腿裏やふくらはぎの筋肉をより簡単にストレッチすることができます。さらに、体幹・股関節の筋力も同時につけられます。

腰痛になりやすい方の多くは、股関節の柔軟性が不足していることが多いです。
フレックスクッションを使って、ピラティスを行い股関節の柔軟性をアップしましょう!

【愛媛・松山のピラティスなら】お問い合わせからご予約を↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です